ブルースクリーンエラー「KERNEL_SECURITY_CHECK_FAILURE」が発生してしまった場合のパソコン修理方法についての記事になります。

「KERNEL_SECURITY_CHECK_FAILURE」エラーが起きてしまう一番の原因はドライバー関連の不具合です。ドライバーが破損していたり不具合が生じていたりすると、ブルースクリーンになってしまいます。

対処方法

1.まず最初に原因がなんとなく特定出来ている場合は、その特定したドライバーのアップデートを試してみてください。簡単な不具合であればそれだけでパソコンが修理されます。

2.Windows Updateを定期的にしていなかった場合、Windows Updateを実行する事でブルースクリーンのパソコンが修理される可能性があります。
Windows Update直後に「KERNEL_SECURITY_CHECK_FAILURE」エラーの症状が発生していた場合は、逆にインストールされたWindows Updateの更新プログラムをアンインストールする事によってパソコンが修理される可能性が高いです。

3.上記で症状が治まらない場合は「メモリ診断」等のシステム診断を行います。
chkdsk c: /f
↑はハードディスクのチェックコマンドになります。(Cドライブの場合)
sfc /scannow
↑はシステムファイルの修復チェックになります。
最後はセーフモードで起動するかを確認して、「KERNEL_SECURITY_CHECK_FAILURE」が発生せずパソコンが修理されているかを確認します。

それでも直らない、分からないと言った場合は是非デジタルサポート武蔵小杉までご連絡頂ければと思います。