Windows11の更新プログラム[KB5013943]をインストール後に「mscoree.dllが見つかりません」「アプリケーションを正しく起動出来ませんでした[0xc0000135]」というエラーが発生してしまうパソコンについての記事になります。

エラーが発生してしまうアプリ
エラーが発生してしまうアプリの一部として[SoundBlaster Command][Visual Studio][Discord][PowerShell]などが挙げられます。

[0xc0000135]エラーの解決方法としてはNET Framework3.5を無効にして、再度有効化する手段があります。

・Windows検索バー等から[Windows機能の有効化または無効化]を開きます。
・[NET FrameWork3.5][Windows Communication Foundation HTTP アクティブ化][Windows Communication Foundation 非HTTP アクティブ化]
上記の項目を無効化し、[OK]をクリックします
その後[必要な変更が完了しました]と表示されたらパソコンを再起動します。

通常はこのやり方で解決するとは思いますが、もし症状が改善しなかった場合は[KB5013943]の更新プログラムをアンインストールする事でパソコンが修理される可能性があります。

また、[コマンドプロンプト]を使用し修正するやり方も存在します。
・コマンドプロンプトを開きます
・次のコマンドを使用して、PCに.NetFramework3.5および4.8をインストールします。 各コマンドを1つずつ実行して完了します。
[dism /online /enable-feature /featurename:netfx3 /all]
[dism /online /enable-feature /featurename:WCF-HTTP-Activation]
[dism /online /enable-feature /featurename:WCF-NonHTTP-Activation]
その後、パソコンを再起動して[0xc0000135]エラーが解決されたかどうかを確認します。

もし改善されなかった、治らなかった場合は是非デジタルサポート武蔵小杉までご連絡頂ければと思います^^)
パソコンをSSDに換装して高速化など、修理以外にも様々な対応を行っております。